2013年8月アーカイブ

横浜の女装風俗は逆に女らしい

横浜の女装風俗と通常の風俗を比べてみると逆転現象が発生していることがあります。


それはどのようなことかというと、女装風俗で働いている男性達の方が全然女性らしいのです。


この手の風俗の接客対応を侮ることはできず、性別的な不利があるということをよく知っているので、徹底的に女性らしい、男性に好かれる仕草を研究しているのです。


そのため、通常の風俗で働いている女の子達よりも女性らしいということもあって、性別を明かされなければ惚れてしまうところだったというような評判まであるのです。


高級店ともなると容姿の部分では、風俗嬢にも全く引けをとらないので、新しいジャンルの開拓という意味も込めて、この手のお店を利用してみるのもよいでしょう。


男性という性別に生まれたからこそ、男性が何をしたら喜ぶのか知り尽くしているということもいえるので、場合によってはこちらのサービスの方が満足できるという人もいるでしょう。


一度利用してみると考え方が全く変わるかもしれません。

究極の快感を見出す才能とは

男性にとって、絶頂感を覚える射精が一般的な快楽と呼ばれています。


しかし、上には上がある物で、その中でも究極の快感とされるのがアナルのマッサージによる絶頂感です。


ドライオーガズムの名前で知られるこの感覚は、射精の数倍の気持ちよさを持っており、体感した人は思わず放心状態になります。


ここ最近特に男性のアナルに関して話題になってきましたが、それはこの究極の快感がメジャーになったからです。


アナルに棒状の器具を入れたり、指を入れて前立腺を刺激するだけでもセンセーショナルなイメージがあります。


ただ、そこで得られる絶頂感は本物で、ペニスを単純にしごくだけの射精では絶対に得られない不思議な感覚を体感するでしょう。


風俗店でも性感エステなど特別なサービスをうたっている所では、風俗嬢がドライオーガズムに関しての知識や技術を有しており、彼女たちによってお客は絶頂に導かれるのです。


それがもはやシステム化されている所に、今の世の中のすごさを感じます。

ガーゼ亀頭責めって聞いたことがあるでしょうか?一部にはオナニーの際に利用されている男性もいるようですが、本職の女性にされると、その身悶え感は壮絶なまでにヒートアップすることでしょう。


そもそも亀頭責めというのは、一般的な手コキのように竿の部分をしごくことはせず、ひたすら亀頭だけをこすることをいいます。


竿は一切刺激されないので射精を迎えることはできないのですが、快感度はマックスに達し、悶絶するような感覚に陥るのです。


女性が亀頭責めを続ける限り、その状態が極限まで続くことになります。


気持ちいいのに苦しいという、なんとも言えない感覚がクセになることでしょう。


中でもガーゼ亀頭責めは、手ではなくガーゼを使って亀頭をこすります。


ガーゼというと柔らかなイメージがありますが、意外にも手でこすられるより刺激が強く、亀頭をガーゼにくるまれてシコシコと左右にこすられる際の苦痛と快感の入り混じった状態はたまらないものがあります。

狙って行うことで、自分が思ったとおりの結果になるのは社会生活上よくあることです。


性に関しても同じことがいえて、オナニーによる男の潮吹きも、計画を持って行えば、この時間に達することができると計算できるでしょう。


もちろん、それには経験とテクニックが必要になり、ある意味で実績が必要になります。


自分一人で行う場合は、何度も何度も繰り返しやり方を研究し、単なる射精ではない独自の方法を採用する必要がありそうです。


もちろん、多くの人がオナニーによる男の潮吹きを体感しているのは事実ですから、練習していればいつかはできるようになるでしょう。


手っ取り早くそれをマスターするには、ネットのアダルト系のサイトを見て勉強するべきです。


現在は性に関しての情報はかなりたくさん紹介されていますから、どういうふうにペニスを擦るとか、その強さ、時間など、細かいデータを調べることができます。


そうして得た情報をきちんと吟味し、利用していくのが大切です。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261